秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOP ≫ CATEGORY ≫ 味噌汁プロジェクト
CATEGORY ≫ 味噌汁プロジェクト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

毎月30日は味噌の日


一杯の味噌汁プロジェクトより、イベントのお知らせです(^^)
毎月30日は味噌の日!!←って、ご存じでした~?


潟上市に新しくオープンしたダイサン・クレタ店さまで、毎月30日に秋田味噌の直売を開催しております
今月は8月30日(土)午前10時~3時頃まで、横手市平鹿の新山食品工場さんの直売を行います


原料の大豆・米・塩の全てを秋田県産でまかなったオール秋田の味噌「特選ひらかみそ」は数量限定と言うこともあり大人気味噌の一つです


また、味噌や麹を使ったスイーツの販売もごさいます!
味噌シフォンケーキの香りがたまらなく好き~



クレタ店には、ワークショップスペースが併設されており、
毎月30日の味噌の日には、こちらのスペースで味噌料理の教室などを開催予定です。

8月30日は手作りインスタント味噌汁、味噌ボールを作るワークショップを開催いたします

味噌ボール1


お好きな具を味噌に練り込み、丸めたら完成!
熱湯を注いで1分で手作りみそ汁が美味しく頂けちゃいます

五色あられ味噌ボール

味噌ボール作りは5分ほどで完成いたしますので、是非お買い物の合間にお友達や親子でフラ~とお立ち寄りくださいませ
今回は五色あられの味噌ボールと、トマトの味噌ボールを予定しております♪

味噌汁プロジェクト | Comments (-) | Trackbacks (-)

田植え教室


一杯の味噌汁プロジェクトの試験的取り組みで、田んぼをやっております(^^)
この田んぼで作ったお米で、味噌の原料となる米麹を作り、冬に味噌を仕込む予定です。


が・・・そこまでの道のりは長く、始まったばかり!!

田植え体験教室を開催しました
お恥ずかしながら、サラリーマン家庭に育った母ちゃんは田植え初体験(^_^;)


猛烈農業家の指導のもと、いざ田植え開始です

田植え1

三男坊、は何のことやら理解できているのか・・・(^_^;)
自分で種を植えた稲を握りしめておりました。

田植え

大人も子供も裸足で田んぼの中へ
足運びが上手なのは、意外にも子供達のほう(^_^;)

田植え2

泥だらけになりながら、大人も子供も一つの田んぼに向かうってイイものですね(^^)

田植え4

この日植えた田んぼで、10人が一年間食べていけるだけのお米が収穫できるそうです!!
田んぼってすご~い!!

田植え3

一杯の味噌汁プロジェクトでは、このような体験教室を通じて食べること生きる事を子供達に繋ぐ取り組みをしております。
秋にはみそ汁農園の野菜でみそ汁を、マイ田んぼのお米でおにぎりをお腹いっぱい食べるぞ~


秋には稲刈り体験も予定しております(^^)
幼稚園さまや団体さまも受付いたしますので、お気軽にお問合せ下さいね♪
misoshiru.akita@gmail.com

味噌汁プロジェクト | Comments (-) | Trackbacks (-)

生きる力を育む食卓


3年前の震災を機に、私の子育てや人生観が大きく変化しました。
それに伴って、自身の幸福の価値観も大きく変化しました。


ただ目の前に元気な子供達と(私にとっては)有能な夫がいてくれることの有難さ。

相手に不快な印象を与えるものでなければ、見た目を美しく飾ることに大した魅力も感じず。

高級な食材や外食よりも、温かいごはんと味噌汁に心癒され。

雨の日も晴れの日も、天気がその日そうである意味を感じながら生きる暮らし。



物もお金も情報も人も知識も溢れる世の中で、
その全てが備わってこそ「幸せ」または「勝者」と言う価値観とは正反対の私の幸福論。



家族がいて、美味しいご飯と味噌汁があって、暖かい布団があれば・・・私の幸福の土台が満たされる。

争ったり、人と比べたり、批判したり、嫉妬したり・・・という行為が無縁となる。


全て一杯の味噌汁が私に教えてくれた最上級の幸福論。

即席味噌汁

どんなに慌ただしい日々でも、一杯の味噌汁に向き合いたいと思う。
こんな即席のシンプルな味噌汁でも体と心を整えてくれるのは、まさに「味噌力」としか言いようがない。



何があっても生きていける子供に。

私の子育ての永久目標だ。


技や知識や学歴やお金ではないと思う。

何があっても生きていくために必要な事は、自分自身の中にある幸福の価値観にあると思う。


伝えられるといいな。
毎日の味噌汁のある食卓から・・・。



味噌汁プロジェクト | Comments (-) | Trackbacks (-)

みそ汁農園


18歳までにごはんと味噌汁の煮炊きが出来る子供に育てよう!
一杯の味噌汁プロジェクトは、台所から食の土台をしっかり伝える取り組みに力を入れております。

その流れで、今年から味噌汁の具となる野菜を自分達で作ろう!というチャレンジをすることになりました


『みそ汁農園』

どなた様でもご参加出来る「農業体験型食育プログラム」です。
家庭菜園初心者さま大歓迎!

子供達を広い畑の真ん中で思い切り走り回らせながら、食べる事・生きる事を体感できる時間をご家族みんなで楽しみませんか!


◆日時:4月23日(水)・26日(土)・27日(日) 午前10時~12時
(ご都合のよろしい日にいらして下さい)

◆場所:秋田市河辺 田口農場敷地内
 国道13号線を秋田市から大曲方面へ。河辺ドライブイン手前の信号(角にGSあり)を左へ曲がり、5分程度直進。しばらくすると右手に味噌汁プロジェクトの「のぼり」が見えて参ります。
その「のぼり」のある農道を右に入り、奥にみそ汁農園がございます。

◆参加費:一世帯3500円(土地代、水道代、苗代、肥料代込み)
◆持ち物:長靴、くわ、軍手など
◆申し込み・お問合せ:misoshiru.akita@gmail.com

※農園にはトイレがございません。
簡易トイレのご準備など、各自工夫されて下さい。




本日、まだ雪が残る現地を視察して参りました(^^)
みそ汁農園

比較的水はけの良い田んぼを、オーナーさまがみそ汁農園に改良してくださいます。
かなりの広さです!

みそ汁農園1

農道もと~っても広々
どんなに走り回っても、車の危険もありません。

広い農道にテーブル広げて、作業の合間のがっこ茶っこや、大自然のド真ん中でみそ汁とオニギリを楽しむことも可能です!!


側溝には、小魚やどじょう、ホタルなどが生息するみたい

みそ汁農園2

農園を駆け回る子供達の生き生きのびのびとした姿に、驚かれるかも知れませんよ!
我が子も本当に楽しそうでした


生きる力を育む大自然。
ご家族みんなで「みそ汁農園」で過ごす週末、いかがですか!






※マイ田んぼも受付しております。
自然乾燥米30㎏×2袋付き
15,000円

種まき~苗植え~草取り~稲刈り~乾燥~収穫

詳しくはお問合せ下さい。
misoshiru.akita@gmail.com


我が家ではこのマイ田んぼで収穫したお米で麹を作り、畑で作った大豆と一緒に原料から全て自家製の「手前味噌」を作る予定です(^_-)-☆



味噌汁プロジェクト | Comments (-) | Trackbacks (-)

親子イベントのご案内

一杯の味噌汁作りと雪遊び

今週末のイベントのご案内です
秋田の大自然の中でおもいっきり雪遊び、そしてお味噌汁作りを楽しみませんか!!

雪遊び
※写真はイメージです。


サッカー協会キッズ委員会のスタッフによる雪上サッカーや、ゲームで盛り上がりましょう

日時・・・2月22日(土) 午前10時~15時頃まで
場所・・・秋田市中央スポーツセンター(下北手)
参加費・・・親子一組100円(お子さんお一人追加で100円プラス)
持ち物・・・オニギリ・雪遊び出来る服装
申し込み・・・不要(直接会場へお越し下さい)

お問合せは misoshiru.akita@gmail.com まで(^^)

キッズ味噌汁2

お味噌汁作りはにぼしで「おだし」をとりますよ♪
小さいお子さんも出来ます!

キッズ味噌汁

包丁が使える子は、材料を切ったりお味噌を溶いて本格的なお味噌汁作りに挑戦ですよ
雪山で食べる温かいお味噌汁とオニギリは美味しいこと間違いなしですね

味噌汁プロジェクト | Comments (-) | Trackbacks (-)
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。