秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOP ≫ CATEGORY ≫ 干し野菜
CATEGORY ≫ 干し野菜
≪ 前ページ       

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

干し野菜のススメ

先日の食育講座のテーマは「災害に強いママの毎日ご飯」でした。
普段の食生活から、保存食・常備食・乾物・缶詰などを使った食事を心がけて欲しいというコト、

そして、震災時に我が家で大活躍した

干し野菜のメニューレパートリーをご紹介させてもらいました


今日は改めて、子育て中のママへ干し野菜をご紹介したいと思います

干し野菜と言えば、特に有名なのが切干大根ではないでしょうか?
売っているものを食材として使うのは便利ですが、この干し野菜を自分で作ることをオススメしています

食材を適当な大きさにカットします。

が、ここで子育てママには食材を薄くカットするように私はお伝えしています。

子育ては忙しいのです!
干した野菜は薄く切ることで、早くカラカラに干せます。
丸一日も干せば、立派な干し野菜が完成するからです!!

忙しいママには、干し時間も1日以上かけて欲しくないですからねぇ~(*^o^*)


干し野菜ネット

私は一気に2個干しするのが日課です・・・・
(暇かーーー!!)



でも、この干し野菜。
どんな食材も干せますが、注意点があります!!


食材がカビないようにしてくださいっ


あまり水分の多い食材や厚切りの食材は、梅雨時期の干し野菜作りには不適切です


お天気の良い日に、薄くカットした食材から始めて見て下さい



干し野菜

カラカラになった干し野菜は、食材ごとに保存バッグに入れています。
常温保存も可能ですが、私は冷凍保存にしています


朝はこの干し野菜を5品目ほど入れた具沢山味噌汁を作ります

これに卵を入れれば、お味噌汁一杯で滋養深い立派な朝ご飯になりますよね



野菜を干すことは、野菜を腐らせて無駄にすることも無く、野菜室がゴチャゴチャすることもなく、食材を丁寧に食べる姿を子供達に実生活の中で伝えることの出来る一石二鳥以上の価値

保存がきくので、日常的に干し野菜を食べまわすことで、災害時の非常食としても大活躍してくれます



食材を干す。昔から秋田の人がやっていた美味しい保存方法です。
震災を経た今だからこそ、こういった素朴な食生活や知恵を私たち母親がしっかりと身に着けたいものです
我が子供達のために・・・・。





夏休みには、この干し野菜を使った親子料理講習を企画しています
夏休みの親子の触れ合い、また、小学生の自由研究のネタにも面白いと思いますよ(*^o^*)






↑私はこちらで購入したネットを使っています
小さめサイズなので、干し野菜初心者さんにもオススメですよ(*^o^*)


干し野菜 | Comments (1) | Trackbacks (-)

自家製切干大根

このところのお天気は、本当に干し野菜日和
毎朝、洗濯物を干すように野菜も家事の一環のように干しています^^;

大根を千切りにして、自分で切干大根を作ってみました
これを使って、干し人参と干しシイタケで煮物を

干し野菜

野菜やシイタケを10分程度水につけて戻します。
その戻し汁をお鍋に入れ、最近ハマっているいりこも入れました。
これをお酒とお醤油だけで味付け!

切干大根

戻し汁や「いりこ」のだしがしっかり効いているので、薄味でもしっかりとうま味がある切干大根になり感動

いりこ活用料理、なかなかGOODでオススメです

我が家の子供達、「いりこ」にぞっこんな母ちゃんに気が付いたようで、


「最近はこの小さいお魚が色んなおかずに入っているよねぇ~」


と、まぁ・・嬉しいわけでも嫌なわけでもないコメント。
しかも、なんか最近の我が家の子供達は、食に関してのコメントが冷静な上から目線



けど気が付いてくれて、それをいつものように普通~に食べてくれているだけで、母ちゃん大満足っす
こうやって、「お魚が入っているおかず」が出る食卓から、母の思いや知恵が伝わっていけば良いのです


干し野菜 | Comments (0) | Trackbacks (-)

干し野菜日和

ここのところの晴天は、実に干し野菜日和です
この干し野菜、以前にもお伝えしていましたが、災害時の時に大変便利でしたし、忙しい朝ご飯にはとても有効な食べ物なのです!!


私の「ママご飯&食育」の講座やお料理教室では、この干し野菜をとにかくオススメしたいといつも思います

干し野菜

朝から洗濯物と一緒に野菜を干してま~す

この干しネット、通販でも買えますしホームセンターでも売っています(*^o^*)


ネギ干し

上段、ネギの青い部分を刻んで干しています。


しいたけ干し

中段、シイタケを丸ごと干しています。
いつもは薄くスライスしたシイタケを干すんですが、今日はちょっと使用目的があるので丸ごと(*^o^*)

にんじん干し

下段、にんじんを干しています。
薄くスライスして、さらに細くカットしています。



干し野菜。

忙しいママさんには、一日で干しあがるように素材を薄くカットして干すのがオススメ
でも、家族の好みや子供の好み、使用目的によって各ご家庭ごとに工夫されてみて下さいね


干し野菜1

干しあがった野菜を、私は保存用袋に入れて冷凍庫で保存しています
カリカリに干しあがったものであれば、もちろん常温での保存も可能です。


我が家では7品目ほどの干し野菜を常備しているので、朝のお味噌汁はこの干し野菜をポイポイ入れるだけで具沢山

味噌汁

卵も入れてあげれば、お味噌汁一品だけで立派なおかずになるわ

忙しい朝でも、しっかり子供に野菜や栄養をとらせてあげられるお味噌汁
ママご飯には欠かせない一品よ~





↑私が日々参考にしている干し野菜の本です(*^o^*)


干し野菜 | Comments (0) | Trackbacks (-)

干し野菜でうどん鍋

今週は去年の震災時の我が家の食卓の様子をお伝えしようと思います。



震災翌日、秋田県はまだ停電のままでした。

場所によって午前中に通電した所や夕方に通電した所、夜まで停電だった地域があったようです。


ですが、いずれにしろ秋田県は、地震による直接的な被害は全くと言って良いほどなく、停電も2日程度で解消されました。



当時、我が家はオール電化の集合住宅だったため、調理はIHクッキングヒーターでした。

停電でしたので、こちらは使用できず、卓上コンロを出して調理しました。


たまたまその時に卓上コンロ用のガスが3~4本くらい在庫があったのが幸いでした。


うどん


いつも常備して使いまわしていた干し野菜のお陰で、野菜は常温保存できる状態で1週間分くらいは家にありました。


作ったのは、干し野菜を入れたうどん鍋です(*^o^*)



停電で電気ストーブが着かなく寒い部屋でしたので、子供達の体と心を少しでも温かくしてあげたい一心で作ったのを今でも覚えています。



うどんでしたので、離乳食だった三男坊も、幼稚園児も大人も家族みんなで食べることが出来ました♪




ただ・・・・


我が家はオール電化の集合住宅で水も電気ポンプの汲み上げ式だったものですから、停電に伴い水道もストップしていました(≧∇≦)


そのため、あまり濃い味では喉がかわくので、極力薄味を心がけたことも覚えています。



スーパーやコンビニでも飲料用の水が売り切れでしたし、こういう震災の時は飲料水がとても大事だと言うことを体験で学びました。


特に子供が小さいご家庭では、お子さんが脱水症状にならないように濃い味の食べ物にも気をつけてあげたいところですよね。




ですので、私は非常食としてのカップラーメンやインスタント麺はあまり推奨できません・・・┐(´~`)┌





干し野菜 | Comments (0) | Trackbacks (-)

非常食に干し野菜を!

2年ほど前に興味が沸いて以来、毎日の食生活に干し野菜を活用しています(*^o^*)


お安い時にまとめて買った野菜などを、一気に刻んで、干しネットで

干しネット


寒い冬の季節は天日干しが出来ないので、ストーブのある温かい部屋の片隅に干し場(笑)を設置しています




↑私はこちらで購入したネットを使っています
小さめサイズなので、干し野菜初心者さんにもオススメですよ(*^o^*)





この干し野菜。

栄養の面などのお話は後日するとして・・・・


我が家の冷凍庫には常に干し野菜が保存されていたお陰で、

震災時の非常食に大変役立ちました!!



皆さんも記憶に新しいと思いますが、震災直後、スーパーから食べ物が消えましたよね

小さい子供が3人もいる我が家ですので、食品不足には大変不安を覚えました。



ですがその時、我が家では干し野菜を常備していたお陰で、うどんや味噌汁などにたっぷりの野菜を入れて子供達に食べさせてあげることが出来たのです



そこまで日頃から考えて干し野菜を常備していた訳ではなかった私ですが、

震災以降、そのありがたさを実感し、今では非常食を兼ねて干し野菜を常備するようにしています



抵当な大きさに切った食材をネットでカラカラになるまで干したら、

Sサイズの冷凍保存バッグに入れて、中身が何かを面に書いています


こんな感じ(*^o^*)

干し野菜1


私はこれを冷凍庫で保存しています

100均で購入したカゴに干し野菜を入れたバッグをひとまとめにして冷凍庫へ


干し野菜2

必要な時に、冷蔵庫からカゴごとポンと取り出して使えて便利です


写真には無い野菜もありますが、今のところ

にんじん・しいたけ(その他きのこ類)・葉物(大根葉や小松菜・白菜など)・ネギ・しょうが(スライスして干す)などは、だいたい干して冷凍庫に常備されていますね~(*^o^*)



干し野菜の味噌汁


なにが便利って、朝の忙しい時にこの干し野菜を袋から出して、ポイポイ放り込むだけで

具沢山のお味噌汁があっと言う間に出来ちゃうコト!!



この具沢山のお味噌汁だけで、子供達の栄養もバッチリってもんですよね



非常食にも大変役に立つこの干し野菜

毎日の食事作りの時短にもなるし、野菜豊富で栄養満点なご飯作りにも役に立ちます


是非お試しくださ~い



↑私が日々参考にしている干し野菜の本です(*^o^*)



干し野菜 | Comments (2) | Trackbacks (-)
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。