秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOPスポンサー広告 ≫ 12月ママごはん部TOPママごはん倶楽部 ≫ 12月ママごはん部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

12月ママごはん部

子育てと食を楽しむママの部活動『ママごはん部』12月は、秋田ハタハタ寿司の実習を行いました
県外出身のママも多いママごはん部なので、秋田の郷土料理の代表であるハタハタ寿司に挑戦です!

レシピは魁新報さんが出版されている料理本を参考にさせて頂きました

約8人分
・ハタハタ・・・1㎏
・糀・・・200g
・白飯・・・600g
・カブ・・・中2個(600g)
・にんじん・・・小1本(100g)
・しょうが・・・50g
・赤トウガラシ・・・3~4本
・とさか海苔・・・少々
・酢・・・100cc
・塩・・・50g


まずは<下漬け>の作業です。

ハタハタの頭と尾と内臓を取り除きます。

下漬け

オスは白子も取り除きます。

下漬け1

メスはぶりこのみを残し、内臓をとります。

その後、ハタハタの水分をペーパータオルなどで一匹一匹丁寧にふき取り、
樽に詰めながら塩を振ります。

下漬け2

塩を振ったら、漬物袋から空気をしっかり抜き口を閉めて、重石をして2日間寝かせます。

赤汁

時々樽の中身をチェックし、赤汁が出ている場合は捨てていきます。


2日間の塩漬けが終わったら、ハタハタを水で洗い流し、しっかり水気をペーパーで拭き取り酢漬けの準備をします。
樽に水気を拭き取ったハタハタを詰めたら、ひたるくらいのお酢を入れ、袋の空気を抜いて縛ります。
(この時重石は必要ありません。ハタハタ全体がしっかし酢にひたるようにしましょう)

酢漬け

この酢漬けにしたものは、1日~2日寝かせます。
下漬けは以上です(^^)


いよいよ、<本漬け>!
ますは、酢漬けのハタハタの水分を切り、ペーパーで一匹一匹丁寧に水分を拭き取ります。
(今回はぶりこたっぷりのハタハタです!)
本漬け

カブはいちょう切り、人参は薄い輪切り、生姜は千切り、赤唐辛子は輪切りです。

本漬け1

白飯を炊き、50度程度まで冷ましたら麹と合わせます。
その後、布をかぶせ1時間程度暖房の効いた温かい部屋で軽く発酵させます。

本漬け2


樽やタッパーに「麹」→「ハタハタ」→「野菜」の順番で重ね軽く塩を振ります。
最後に酢に浸した手のひらで全体を押します。

何段か重ね漬けをしたら、全材料の2倍程度の重石をかけ、0℃前後の冷暗所で20日ほそ漬け込み完成となります。

ハタハタ鮨


本漬け3


12月ママごはん部

ハタハタ寿司を仕込む作業は、大変手間がかかる地道な作業ですが、皆でやるととても楽しいものですね

12月ママごはん部3

今年は魁さんのレシピを参考にしましたが、来年からは部員の皆さんの知恵を結集してママごはん部オリジナルの味を追求していきたいと思います
ママごはん部オリジナルのハタハタ寿司として、いつの日か商品になったら楽しいですね

12月ママごはん部2


ママごはん部、1月は味噌作り実習を予定しています(^^)
30㎏~50㎏の味噌を倍麹で仕込み予定です。

是非、この機会にママごはん部の入部もお待ちしておりま~す

mamagohan1@gmail.com までメールを下さるか、
facebookで小山明子宛にお友達リクエストを入部希望のメッセージ付きでお願いいたします(^^)

ママごはん倶楽部 | Comments (-) | Trackbacks (-)
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。