秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOPスポンサー広告 ≫ 一杯の味噌汁プロジェクト~食の土台~TOP味噌汁プロジェクト ≫ 一杯の味噌汁プロジェクト~食の土台~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

一杯の味噌汁プロジェクト~食の土台~

一杯の味噌汁プロジェクトでは、3つの柱を掲げています。

1、正しい食生活を見つめ直そう。(食育推進)
2、秋田の食べ物を見つめ直そう。(地産地消)
3、お味噌汁の作れる子供を育てよう。(食と命の教育)



今日は、1の「正しい食生活を見つめ直そう」についてお話したいと思います
食べ物には様々な栄養があり、それらをバランス良く食べることが良いことは皆さんご承知の通りです。

ですが、そのバランスについて普段どのように理解されているでしょうか。

ご飯とみそ汁

食のバランスと言われると、ついつい「おかず」のほうに目がいきがちです。
肉や魚、野菜やくだもの・・・どれをどれだけ食べるか、とか。


ですが、食のバランスを説くのも、まずは食の土台がしっかりしているのが前提にあります。
その土台が、一杯の味噌汁とごはんなのです。


著書「粗食のすすめ」などで有名な幕内秀夫さんの言葉に、とても納得いくフレーズがあります。

食は家を建てることと似ている。
家の土台となる柱がしっかりしていないと、建物として大変もろい家になる。
部屋のカーテンや家具をあれこれ考えるより、土台となる柱をしっかり立てることが大事。



つまり、食もごはんと味噌汁という土台を無視して、肉か魚か、はたまた卵か果物か。
そこに頭を悩ませ混乱するよりも、まずは食の土台となる「ごはんと味噌汁」をしっかり食べること(食べさせること)を考えようという理念です。



では、何故「ごはんと味噌汁」が食の土台なのか。


皆さんは何故だと思いますか?
何故パンと牛乳では食の土台とならないのでしょう?


この続きはまた、明日


味噌汁ロゴ

このプロジェクトは、秋田県味噌醤油工業協同組合JA全農あきた秋田魁新報社バーディグリーンミュージック社子供の食を考える親の会秋田ごはんdeハッピー子育てが応援しています

●一杯の味噌汁プロジェクトの概要は、コチラよりダウンロードしてご覧下さい。
一杯の味噌汁プロジェクトでは、応援して下さる個人・学校・企業・団体・お料理教室様を随時大募集しております。
●一杯の味噌汁プロジェクト食育講座のご案内はコチラからご覧になれます。

お問い合わせは misoshiru.akita@gmail.com までご連絡下さい。
もしくは 080-1823-5303(小山)まで!



****************************************************


子育てに母の愛と一杯の味噌汁を
 講師 秋田県総合食品研究センター 尾張かおる氏

お味噌汁の魅力や効能・発酵食品の魅力・味噌の塩分について・
子育てにおける食の大切さなどをご講話いただきます。
(都合により内容に変更が生じる場合がございます)

●日時:  12月14日(金)
      午前10時30分~11時30分
●場所:  秋田県社会福祉会館 9階 第3会議室
●参加費: 無料
●定員:  30名(お子様連れ可)
●申し込み:子供の食を考える親の会 070-6497-3669
(続 つづき)まで

または oyanokai1@gmail.com まで。

Comment













非公開コメントにする
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。