秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOP ≫ CATEGORY ≫ 食について
CATEGORY ≫ 食について
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

子育てと大人育てと児童書と

私には子供のおかげで出会えたものがあります。

それは「児童書」です。

息子たちの通う幼稚園では、貸出絵本があり、登園降園の際に好きな本を借りることができます。

子供の興味でチョイスする場合もあれば、私が読み聞かせてあげたくてチョイスする場合もあり、
その本選びも親子のコミュニケーションの時間だったりと楽しませて頂いています。


この児童書。

ロングセラーの一冊から、流行のベストセラー、市や県の推薦図書や図鑑辞典もの・・・など様々なジャンルと内容に飛んでいます。


我が子の場合、3人それぞれが惹きつけられるジャンルが違い、本に対する向き合い方もそれぞれです。

その中でも次男坊は児童書と多く関わってきました。
必然的に私も、そんな次男坊育てに児童書を一つのアイテムとして大切に考えています。



最近、また一つ次男坊のことで児童書に向き合う機会がありました。
以前にも増して、児童書の奥深さと次男坊育ての奥深さをワクワクした気持ちで学ばせて頂いています。


児童書


子育ての一番の土台は「食」。
オッパイやミルクから始まり、離乳食、幼児食、ごはんと、食べることで体と心が育ちます。

食べること、食べさせることは子育ての土台ではありますが、勿論、食べ物だけが生きる力を育むわけではありません。

「人との関わり」
「自分と向き合う」
「憧れや夢を抱く」
「知識教養を得る」
「幸せや悲しみや苦しみを知る」



育ち生きる全ての過程が、その子の心と体と生きる力を模索しながら培われるのではないかと思います。

そんな一筋縄ではいかない子育てを、
私は次男坊の本好きを通じて「児童書」から考え紐解く機会を与えられています。


食への向き合い方をメッセージする一人の端くれではありますが、
食のメッセージも様々な視点があることを私は「児童書」から学んでいる今日このごろです。


次男坊が導いてくれた「児童書」への世界と、

「児童書」が繋ぐ親子の絆やコミュニケーション、そして次男坊自身の育み。



それを助言アドバイス下さりながら、一緒に私の子育てをサポートくださる周囲の尊敬する先生方。

子育てとは、まさに「子」によって「育てられる」「気づかされる」自身の育ちなのだと
今頃深く感じている愚母なわけです。

作り置き味噌ボール

手作りのインスタント味噌汁「味噌ボール」をコーヒー代わりに、児童書にどっぶり浸かる時間が心地よい昼下がり♪

スポンサーサイト
食について | Comments (-) | Trackbacks (-)

ママごはん・・・

お母さんのご飯って、そりゃぁ家族にとって美味しいに越したことは無いんだろうけど、じゃぁ味だけ追求するなら、プロの作ったお惣菜でも買ってきて食卓に並べたらイイわけで・・・・

栄養バランスが気になるなら、カロリー表示や栄養表示までご丁寧にしてある宅配料理を利用する手もあるわけで・・


でも、そんな事を毎日していたら、いくらお金があっても足りないじゃない



そうやって考えると、お母さんのご飯って、味・栄養・量・健康・お金・時間・明日の事・・・い~っぱい色んな事をお母さんが一人で考えながら作って食卓に並べられているんですね(^^)


(自分も母親のはしくれだけど)改めてママごはんってスゴイ


これはね、私個人の考えなんだけど、
私、ママごはんの一番大切なことは「味じゃない!」と思っているの。
と、同時に「栄養だけでもない!!」とも。


確かに美味しくて、栄養バランスも完璧で、見た目も美しくて、ちょうど良い量で、それでいてお安い食材を上手に使ったお料理は素晴らしいわ
うん、それを毎日・毎食、家事や育児や仕事をしながら作れるのなら、それはホントに完璧なママごはんね。


でも現実問題、子育てしながら家事やってパートして、学校行事に参加して、幼稚園の送り迎えして・・・って言う生活の中で、この完璧なママごはんを追及するとママが壊れちゃう気がするのよね。

もちろん、それを追及するのが楽しみなママは別よ
私が言っているのは、一般論的な話。




ママのごはんって、時々マンガなんかにあるような、

「きゃー!焦げちゃった~

とか、

「砂糖と塩、間違えた~

とか、そういう家族をドっと笑わせるような(楽しませるような?いや、焦らせるような(^_^;)?)ツールであっても良いんじゃないかなぁ。





食卓で家族みんながママの作ったご飯に注目しながら、

「これ、しょっぱ~い

とか、

「あ、コレは美味しいじゃん!」

とか、

「いつもと違った味付けだね


「そういえば、今日学校でさぁ・・・」

「今日お友達がね・・・」


とか、美味しくても美味しくなくても、ママごはんが家族のコミュニケーションツール
なったり、そういう会話の流れから、自然に子供や家族が一日の報告をするような流れを作るキッカケみたいなものになれたら、幸せだな~って私は思うの(^^)



会話のキッカケを作るって意味では、毎回味が完璧すぎると、毎食「美味しい美味しい」ってだけで言葉が終わるかも知れないし、仕舞いには、「美味しくて当たり前」と思われて感想のひとつも出てこなくなるかも


ほら!人も美人で頭が良くて性格も良くてセンスも抜群で仕事も出来て・・・なんて完璧な人がいたら、素敵なんだけど、ちょっと味気ないじゃない

でも、そんな人でも、どこかちょっとドジだったり、オッチョコチョイだったりすると、そんな完璧じゃない一面に人間の温かみを感じたりするでしょ?



ママご飯はそういう「人間の温かみ」みたいな物の産物なんじゃないかなぁ~と思うのよ


だから、出来るだけレシピに頼る食卓はママ達には避けてもらえたらな・・・って私は考えちゃうの。
レシピは人様の味でしょ?

家族や子供を思って作る、ママの味。
ママの思いの詰まった食卓。


そこに家族のコミュニケーションが最大限に生まれるような日常。


これこそが、今、ママごはんに求められている食卓の原点なのではないかと私は思っています



ママご飯は完璧すぎないほうが私はマルだと思います


******************



そんなママご飯を楽しむ部活動

ママごはん倶楽部の部員を募集しています(*^。^*)

2月に倶楽部説明会を行いますので、ご興味のある方のご参加をお待ちしております。
無料なので、お茶飲みがてらお子さんと一緒に遊びに来て下さい

ママご飯



ママごはん倶楽部説明会
2月22日(金)午前10時~11時30分

会場 コミュニティーサロン・クローバー
参加費 無料(お子様連れOKです)

※部員にならずとも、この説明会のみの参加も大歓迎しております(*^。^*)

食を通じてママ友を作りたい方、ママご飯に興味のある方、ご自身の腕を倶楽部で発揮してみたい方、スイーツ作りを楽しみたい方・・・などなど

料理教室やお菓子作り、ママごはん新聞の発行、年に一度の食の発表会などを倶楽部活動内容としています。


お問い合わせは・申し込みは syokuiku.akita@gmail.com まで下さい。

申し込み後、5日以内に返信がない場合は、お手数ですが 080-1823-5303 までお電話下されば幸いです。








食について | Comments (92) | Trackbacks (-)

エコチル調査ご存知ですか?

皆様、エコチル調査ってご存知でしょうか?

環境省が2011年から取り組んでいる大規模な疫学調査で、子供の健康と環境の因果関係を調査するものなのですが、


つまり・・・


胎児期から小児期にかけての化学物質曝露をはじめとする環境因子が、妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレルギー、代謝・内分泌系等に影響を与えているのではないか」という大きな仮説(中心仮説)を解明するために、化学物質の曝露などの環境影響以外にも、遺伝要因、社会要因、生活習慣要因など、さまざまな要因について、幅広く調べていきます。(エコチルHPより抜粋)


と、言うこと



震災後、一番気になる化学物質と言えばやはり放射能を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
また、私は個人的に「食」に関して子供のアレルギーの多さが大変気になります。

色々勉強のためにアレルギーに関する講演も聞いたりしましたが、根本原因が不明です。

ただ、様々な「環境」に因果関係があるのではないか・・・と個人的には思っています。


子供達の未来のために、大人がしてあげられることの一つに、環境問題が大きな課題だと私は認識しているのですが、このような調査もまた、震災後だからこそ有益かつこれからの子供達のために大変重要な取組だと考えています。


残念ながら我が秋田県には、エコチル調査の拠点がありません。
東北は仙台と福島で行われています。


エコチル調査は、未来の子供達の「教育」にもつながる大きな取組です。
化学や技術やエネルギー開発などが発展することは大変素晴らしいことです。
ですが、その一方で私たちはあの震災がありながらも、一番大切な物を忘れている気がします。
子供達には、その一番大切なものを考え・守り・育てる力を「教育」する必要があるのではないかと考えるのは私だけでしょうか・・・。



大切な親友が、今、福島でエコチル調査に全精力を尽くしています。
福島の子供達が、将来ちゃんと胸を張って親になれるように・・・。
そして、すべての子供達の幸せを願って・・・。

彼女の頑張りや思いに胸を打たれます。






食について | Comments (46) | Trackbacks (-)

野菜と海藻

国産のミネラルウォーターより、外国産のミネラルウォーターのほうがミネラル分を多く含むという事実をご存じでしょうか?

日本の土壌は農薬や化学肥料によりやせ細り、ミネラルなどの栄養成分が昔と比べて激減しているのが原因だそうです

と、言うことは普段私達が食べている「野菜」も昔より栄養価が落ちているということになります。

ただでさえ、食卓は野菜不足・ミネラル不足の現代社会です。
十分な栄養を取るためには、想像以上にもっと野菜を食べることや海藻を食べることを意識しなくてはならないようです


特に「海藻」はなかなか意識しないと食卓に登場しないのが現実。
せいぜいお味噌汁にワカメを入れる程度ではないでしょうか


ミネラル不足は、お子さんの「キレる」要因にもなるそうですので、是非子育て世代は注目してもらいたい栄養素の一つです


そこで、簡単な炒め物~

わかめの炒め物

ごま油でワカメを炒め(今回はちくわも一緒に)、自然海塩のみで味付けした、とってもシンプルな炒め物です!
最後にゴマをふりかけて完成

ナムルと同じような味付けですが、炒めることによって余計な水分が飛び、ナムルよりとても食べやすくなります。
ワカメはすぐに火が入るので、炒める時間はせいぜい1分~です。
ササッと出来る一品ですので、是非お試しあれ~



**********************************

●10月・11月の食育サロンは(若干変更になりました)

10月2日(火)「塩麹~発酵食品の魅力~」
(満席になりました。ありがとうございます!)
10月30日(火)「味噌汁~味噌の効能に注目~」
11月6日(火)「冬の保存食~肉・魚の酒粕漬け~」
11月28日(水)「塩麹~発酵食品の魅力~」(10/2と同じ内容)

場所 秋田市中通りコミュニティーサロン・クローバー
時間 午前10時~11時半
参加費 500円(11月サロンは800円)


です。下記メールフォームよりお申込みをお待ちしております

お名前・連絡先を明記の上、こちらからお願いします。



みそ汁普及活動「一杯の味噌汁プロジェクト」を立ち上げました。
ママの愛情たっぷりのお味噌汁を毎日子供たちに!!

味噌汁ロゴ



子供の食を考える親の会の第1回セミナーが決定いたしました。

家庭教育と食を考える
9月25日(火) 午前10時30分~11時30分
秋田市東地区コミュニティーセンター
テキスト代として、お一人様200円を徴収させていただきます。

お申し込み・お問い合わせはこちらのメールフォーム、または oyanokai1@gmail.com までお願いいたします。

食について | Comments (22) | Trackbacks (-)

「足すより引く」


今日は少し硬いお話です^^;

世の中にはとても多くの食べ物が溢れています。
国産の食べ物だけでも品数があると言うのに、海外からも多くの食べ物を輸入し、その結果、日本の食糧自給率は40%とおかしな減少も起こっています。


保存料を始めとする食品添加物の恩恵で、食材そのものでなく、加工食品をメインに食べるようになった食生活。
とても便利な社会、飽食で豊かな社会だと思いがちですが、飽食=健康が比例しているかと言うと、全くそうではない現実があることにお気づきでしょうか。


キレる子供、家庭教育や学力の低下、落ち着きのない子供、犯罪の低年齢化、成人病の低年齢化、アレルギー、肥満、うつ、精神障害、不妊、精子減少・・・・

現代社会が抱える問題の多くが「食」に関係あると思うのです。



環境ホルモンと呼ばれる科学物質は、食品添加物を始めコンビニ弁当の容器やカップラーメンの容器、缶コーヒーの缶に至るまで、今や私たちの生活に密着した形で存在しています。

お陰で、無意識のうちに体内に多くの科学物質を取り込んでいるのです。
つまり、飽食の行き着く先は、小さな子供の頃から心や脳を「破壊」する食生活によって人格形成、人間形成されている世の中だということではないでしょうか。




私はこう考えます。

母親は、子供に栄養をつけさせようと思うと、アレやコレやと食べ物を次々に与えたがる傾向にあります。
野菜も食べなさい!
海草もお肉も食べなさい!
牛乳も飲みなさい!!
お弁当は残さず食べるのよ~!


祖父母は、孫の笑顔が嬉しくて、アレやコレやと食べ物を次々に与えたがる傾向にあります。
フルーツ買ってきたよ!
おやつは足りてるかい!
ジュースもいっぱい買ってきたよ!
ゼリーは好きかい!


これから迎える夏休み。子供の食事に頭を悩ませる母親は多いと思います。
今日のお昼はコンビニのおにぎりにしましょう!
おやつはファーストフードがいいわ!
夜はファミレスで外食にしましょう!
明日の朝は、ウインナーと目玉焼きね!



これだけでも、かなりの食べ物に埋もれた日常を思い浮かべることが出来るはずです。




頭が良くなるためには魚や海草が良いんですって!!
運動機能をアップさせるには、カルシウムも大事よね!!
栄養補助食品もあるわ!!
美容には、このサプリメントがオススメなんですって!
これを食べると痩せるらしいわ!
夏はかき氷が美味しいわ!
お祭りの屋台も魅力的~!



もう、ここまでくると、世の中「食べ物三昧」で窒息しそうな勢いです^^;
そして、これらの食べ物の多くに含まれている化学物質を想像すると、もう薬漬けの体に汚染されていくようでゾッとします(≧∇≦)




現代社会においては、これだけ食べ物に恵まれすぎているのですから、目的や欲望のために食べ物を「プラス」することより、むしろ「マイナス」することのほうが体にも心にも穏やかではないかと思うのです。

食品添加物の多いハム・ソーセージ・ベーコンなどは、今やどこのご家庭でも卵なみに冷蔵庫に常備されている食材の一つだと思います。
ですが、別にこれらを食べなくとも人間は生きられます。

むしろ、食品添加物は食べないほうが、心にも体にも良いのです。




ご飯作りがちょっと面倒だなぁ~と思うのは、立派な料理を家族に提供しようと思うからです。
添加物いっぱいの豪華(に見える)な食卓より、そんな日は、おにぎりと味噌汁で十分ではないでしょうか。


と、言うか、そもそも家庭の食卓と言うものは、アレコレ時間をかけたお料理より、
塩焼きしただけの魚、漬物、お味噌汁、ご飯で十分だと思うのですが、今はご家庭もレストラン並みに食卓が色とりどりです。
食卓をシンプルにしたほうが、お母さんの負担も軽減されるし、食事作りに対するストレスも軽減されると思います。
そして何より、焼くだけ・茹でるだけのシンプルな食事で化学物質を体内に取り込まないなら、これほど素晴らしいことは無いではないですか!




現代社会において「食」を立て直すのであれば、子供のためにも家族のためにも
食材をプラスすることより、マイナスすることを考えてみてはいかがでしょうか。



何度かブログにも書きましたが、食品添加物を意識し糖分を意識し、昔からある発酵食品や素材やだしに目を向けた食生活を3ヶ月ほど実行している私。


肌の調子はものすごく良くなりました。
便秘が解消されました。
生理痛がなくなりました。
偏頭痛がなくなりました。
性格も少し穏やかになり、イライラしなくなりました。
子供のアトピーも改善されてきました。


アラフォーの私にとって、肌の調子はとても気になります。
「マイナス」する思考の食生活を送ってから、添加物は美容の敵だと思うほどになりました(笑)!
ちなみに、現在使用している基礎化粧品は保湿剤のみです。

食べない工夫「マイナス」をしただけで、様々な体調の変化を得ることができただけでなく、化粧品代も浮きました!
痛みがなくなったので、薬代もかかりません。
落ち込み激しい性格も、病院で治療するほどでも、薬を飲むことでもなくなりました。
子供のアトピーも改善されてきたので、通院という手間も省けます。



食の「マイナス思考」。
現代社会においては、目線をかえた子育て食の考え方だと思っています。


食について | Comments (20) | Trackbacks (-)
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。