秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOP ≫ CATEGORY ≫ 体づくりご飯
CATEGORY ≫ 体づくりご飯
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

体づくりのお味噌汁

お味噌汁と言えば「ダシ」をとることに面倒なイメージをお持ちの方が多いようで・・・
顆粒だしやダシパックなどの便利な物をお使いになるのも一つですが、美味しさはやはり天然だしには敵いません!

先日、小学校の味噌汁教室へお邪魔した時に授業で採用されていた方法にアレンジを加えてみました。
簡単・美味しい・栄養満点!

参考にしてくだされば嬉しいです(^_-)-☆


にぼし

片口いわしと厚削り節です

片口イワシは、頭とハラワタを手でちぎって取ります。
その後、少しこまかくちぎって鍋に入れます。
厚削り節も同様にちぎってから鍋に入れます。


だしの準備はコレだけです

だし

この作業は、子供にお手伝いとしてやらせるのがベストですね!
「だし」とりに抵抗感を持たない子供に育てるためにも

味噌汁とごはん

鍋に入れた片口いわしと厚削り節は、そのまま具材として食べましょう(^^)
鍋から取りださなくてOKです

DHAやEPAといったお魚からしか摂取できない栄養を、お味噌汁で補給したいからです!
片口いわしは、とても深い味わいが出るので大鍋で作るお味噌汁にも向いています。



ダシから、味噌から、具材からたっぷりの栄養と愛情を補給できるお味噌汁
素晴らしい日本の食は体づくりにピッタリな優等生の食ですね!!
スポンサーサイト
体づくりご飯 | Comments (-) | Trackbacks (-)

幼稚園児の体づくりご飯


体を作る→タンパク質
体を動かす→炭水化物
体を働かせる→栄養素


このシンプルな考え方で、子供の「体づくり」を意識したごはんに挑戦している今日この頃です(^^)

体づくり弁当

今日は幼稚園児(5歳)のお弁当です。
好き嫌い、偏食、少食・・・など食べるこの悩みが多いこの幼児期ですが、この時期は体の基礎を作る大切な時期です。
お子さんの特徴をしっかり捉え、適切な食材や量や食べさせ方を考えていくべき時期とも言えるかと思います

◆体を作るタンパク質として、この日は卵と鶏肉をチョイスしました。
味付けはチーズです。
(メニュー・・・鶏肉のピカタ)

風邪が流行る時期ですので、免疫アップを狙い鶏肉で。
ナチュラルチーズ(粉チーズ)と卵を衣にして、乳製品とタンパク質を摂取です。


◆人参フライは、味噌味です。
ビタミンA・Cは風邪予防には必須です。
そして、調味料でも豊富な栄養を摂取できるよう、味付けはお味噌です。
美味しさも抜群です!

体づくり弁当1


◆紅イモ
地元産の甘い紅芋は子供の好物でもありますが、塩分をコントロールするカリウムで味付けのバランスをとる役目と、紫色のアントシアニン・ポリフェノールと言ったファイトケミカル(第6の栄養素)を追加してみました。
こちらも免疫アップや抗酸化作用が期待されています。


◆体を動かすタンパク質はご飯です。
古代米入りで、咀嚼を意識した炊き上げです。
鉄分補給ですり黒ゴマをふりかけです(^^)




次の日は、大豆ミートを手作りし、ハンバーグをタンパク源としたお弁当に仕上げました

体づくり弁当2


◆体を作るタンパク質は、煮大豆と豚ひき肉を1;2で合わせたものでハンバーグを作りました。
いわゆる大豆ミートと言うものでしょうか。
煮大豆をつぶしたものをひき肉と混ぜ合わせました。


◆ビタミン豊富なカボチャは素焼きにいたしました。
味付けしなくともかぼちゃは甘くホクホクしていますので、素材の味を子供にしっかり伝えやすい食材ですね!


◆野菜炒めは人参・もやし・シイタケ・生姜・ネギ・白ゴマです。

体づくり弁当3

◆体を動かす炭水化物はごはんです。
白米に鮭と白ゴマを。鮭のタンパク質と抗酸化物質アスタキサンチンに元気な体づくりを期待です!



バランスも含めて、これが完璧なお弁当ですよ~とは言えないと思いますが、次男坊の体調や心の様子を観察しながら、ちょっとした親心でお弁当作りに「体づくり」のエッセンスを添えています


ただ、栄養、栄養と肩ひじ張って頭でっかちになることより、
子供の笑顔を確実にゲットできるお弁当のほうが栄養の吸収が良いのは言うまでもありません


ちょっとだけ、シンプルなポイントや食材選びのコツを知る事で、体づくり弁当を仕上げる楽しみも生まれたら嬉しいなと思っています(^^)





体づくりご飯 | Comments (-) | Trackbacks (-)

体づくりご飯


長男坊が「三年生になったら部活に入りたい!」と言い出しまして・・・
では!!と言うことで母ちゃん、今のうちから少しずつ長男坊の体づくりをサポートする食事を意識してみることに


幼稚園などの講演でも私がよくお話するのですが、

・体を作る→タンパク質
・体を動かす→炭水化物
・体を働かせる→栄養素

この基本構図を息子の体づくりに生かしながら、勉強会などで学んだ知識を我が家流に応用していきたいと思います

体づくりご飯2

『体づくりと免疫UP』

この日の夕飯は、体を作るタンパク質に重点を絞りながら、免疫をUPさせることを狙いとしてみました(^^)

◆メニュー◆
白米+すり黒ゴマ
味噌汁
野菜炒め
ホタテのひもバターソテー
油揚げのチーズ納豆焼き
リンゴ

タンパク質
卵(味噌汁)
鶏肉(野菜炒め)
油揚げ(チーズ納豆焼き)
納豆(チーズ納豆焼き)
味噌(チーズ納豆焼き・味噌汁)


炭水化物
ご飯(白米+黒すりごま)


栄養(野菜など)
・玉ねぎ(味噌汁)
・わかめ(味噌汁)
・厚削りかつおぶし(味噌汁)
・昆布(味噌汁)
・にんじん(野菜炒め)
・生姜・にんにく(野菜炒め)
・もやし(野菜炒め)
・ホタテのひも(ひもバター炒め)
・ネギ(チーズ納豆焼き)


その他(乳製品・果物)
・チーズ(チーズ納豆焼き)
・りんご(皮つき)


総食品数・・・19品目


ポイント
免疫UP効果が期待される鶏肉を野菜と一緒にしました。
生姜やにんにくも一緒に炒めることで体の中から温める効果も期待。

味付けが濃くなりがちな夕食でしたので、味噌汁はカリウム豊富なワカメを具に、だしとなる鰹節や昆布も具に。
りんごは皮つきで塩分排出効果を狙っています。

体づくりご飯1


良質なタンパク質と言えば大豆。
大豆製品である油揚げや納豆や味噌をタンパク源といたしました。
また、完全食と言われる卵も味噌汁に入れることで、子供ウケする味に仕上げました(^^)


体づくりご飯

ご飯の上にすり黒ゴマをトッピングで鉄分とカルシウムを摂取します


骨作りや血液作りや栄養素はタンパク質がないと、各々の役目をしっかり働かせる効果が期待できないと言われています。

子供の体づくりご飯の基本は、細かい栄養アレコレよりも、まずはしっかりとタンパク質を摂取することが大切だと言うことですね



自分の勉強も兼ねて、愛する長男坊の体づくりご飯をこれからも試行錯誤してみたいと思います(^^ゞ

体づくりご飯 | Comments (-) | Trackbacks (-)
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。