秋田ごはんdeハッピー子育て

~子育てとママを「食」から応援する毎日ごはんブログ~
TOP ≫ CATEGORY ≫ 秋田郷土料理
CATEGORY ≫ 秋田郷土料理
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

味噌のシソ巻


紫蘇がたわわに実るこの季節になると、必ず作ってしまいます。
味噌のシソ巻

今年は横手の内藤醤油店さんの「甘みそ」を使ってみました
料理に沢山のお砂糖を使いたくなかったので、あえて甘い味噌をチョイスという訳です

味噌シソ巻

油で炒めた小麦粉に味噌や砂糖・ゴマ・七味唐辛子を入れ練り上げたものを紫蘇で巻いていきます(^^)

シソ巻

紫蘇巻き1


少し多めの油で焼き揚げて完成です
秋田を始め、東北全土で食べられているらしい、味噌のシソ巻。

夏の疲労を回復させる紫蘇。
そしてその昔、味噌は貴重なタンパク源だったことが、こういった郷土料理からも知ることが出来ますね


子供に食べさせるには、ちょっとカロリーや塩分高めですが、我が子はコレが大好きです(^_^;)
どんな食べ物も食べ過ぎはNGですが、食卓を通じて郷土料理や秋田の味を子供達には伝えていきたいですねぇ~


スポンサーサイト
秋田郷土料理 | Comments (5) | Trackbacks (-)

初・ハタハタ鮨完成!


昨年末、生まれて初めて見よう見真似で漬けたハタハタ鮨が完成しました~(*^。^*)
小ぶりのオスのみで

ハタハタ鮨

美味しいのか美味しくないのか、上手に出来たのか不出来なのか・・・・


不明。



と、言うもの、アタシ・・・


市販のハタハタ鮨を食べたことがない!!


つまり、


ハタハタ鮨の美味しい基準が分からない


ダメじゃ~ん!!




でも、食べて不快でもないし、それなりにお酒の肴にもなるし、食べてもお腹壊さないし(これ重要!)、初めてのハタハタ鮨にしては60点くらいではないかな???




ハタハタ鮨1

でもね、樽から開けたら、こんなにあったぜぇ!
しかも、家族でハタハタ鮨を食べれるのは、母ちゃん一人だけだぜぇ


自己責任。
頑張って母ちゃん一人で、食べ尽くしましょう



今年初の夫弁当は、これまた去年に負けず劣らずの地味弁

13年パパ弁当

あ、でもお正月に義母が持たせてくれたウインナーと明太子が入っている分、いつもより豪華だわ!
今年も大好きな曲わっぱ弁当箱に8割方見栄えを助けられながら、地味弁続行で頑張ります


ハタハタのから揚げ

ハタハタの話題が続きますが・・・
小さいオスのハタハタはから揚げが美味しい
我が家の子供達は、ハタハタが大好き
から揚げにしてあげると、テンションかなり上がります

ハタハタ唐揚げ

頭と内臓を取り、片栗粉をつけて揚げました
下味は何もつけないのが我が家流!
ハタハタの身の甘さを十分に味わってもらいたいので、あえて我が家のハタハタ唐揚げはシンプルです
(いや、これって母ちゃんの手抜きか


子供達も大好きな我が家の簡単な浅漬けをご紹介します
カブ漬け

カブ漬け

カブと茎と人参と昆布を材料の1%の粗塩(お好みで砂糖0.5%も加えて!)で一晩~漬け込みます(^^)
野菜と昆布の総重量が500gの場合、粗塩5gの粗塩。(2.5gの砂糖はお好みで)

ビニール袋に材料と粗塩を入れて揉みこみ、軽く重石をして常温で12時間ほど放置してから冷蔵庫へ。
大人用でしたら、鷹の爪なども加えたらより美味しいですね

彩りもキレイなので、お節の脇役に添えるのもアリですね


************************************************************

一杯の味噌汁プロジェクトblogが完成しました
http://misoshiruakita.blog.fc2.com/

こちらも合わせて応援よろしくお願いします
また、プロジェクトでは食育教室や味噌汁セミナーをお手伝い頂けるママを大募集しております!
私と一緒に一杯の味噌汁プロジェクトを通じて「食」の大切さを子供達に伝えていきませんか
syokuiku.akita@gmail.com まで下さい(^^)






秋田郷土料理 | Comments (9) | Trackbacks (-)

産直deいぶり大根

秋田の代表的な伝統保存食と言えば、いぶりがっこですが、

この時期、燻った大根が店頭で売っているというのも、かなり珍百景だと思うのですが、いかがでしょうか

いぶり大根

つまり、いぶりがっこの素となる燻った大根がお店で売っているんですよね
これって、本気で秋田県だけだと思います。

味のついていない、燻っただけの大根です。
これを、各ご家庭で、お好みの味付けで漬けるわけ

いぶり松前漬け
我が家の定番は、いぶり大根の松前漬けなんです
燻り大根を細切りにし、干した人参と昆布とするめイカ、醤油+みりん+酒で漬けこみます。
2~3日で味が染み込むので、あっと言う間にトロトロのいぶり松前漬けが完成です


この燻り大根・・・・
残念ながら、我が息子達にはウ○コにしか見えないようで・・・

きゃー!
ご飯ブログなのに、こんな話題で失礼しました~~~


秋田の食の風物詩、燻り大根、是非皆様もお楽しみ下さい



************************************************************

子供の食を考える親の会 第二回セミナー
●「食と子供の健康」
 講師:大野小児科 大野忠先生

現代社会における子供の健康の傾向。
食生活と小児肥満・小児糖尿病・高血圧の関連。
今年のインフルエンザの傾向と対策などをご講話いただきます。
(都合により内容に変更が生じる場合がございます)

11月29日(木)
遊学舎 研修室4
午前10時30分〜11時30分
参加費200円
定員 30名

申し込みは oyanokai1@gmail.com
      または 070-6497-3669(続 つづき)まで




大葉の味噌巻き

我が家の家庭菜園が、ここのとろこ順調な生育をみせてくれています
畑は超ド素人ですが、夫を中心に子供達が熱心に野菜を育てているんです(*^o^*)

きゅうり・なす・ミニトマト・ししとう・パプリカ・じゃがいも・スイカ。
それに母ちゃんの好みでハーブ類もいくつか

畑

家庭菜園は、農薬を使わず肥料も科学的なものを使わず、安心安全なのが最大の魅力ですね
その家庭菜園でやけに大きく成長した大葉があったので、それを使って味噌巻きに挑戦してみました

大葉

私の手のひらより大きな大葉が収穫できたの^^;
この季節になると(今は年中あるのかな?)スーパーなどで良く見かける大葉の味噌巻きにぴったりなサイズでしょ?!

味噌巻き

味噌にくるみ・ゴマ・砂糖を混ぜたものを大葉で巻いていきます。
今回は家にあった材料のみで作ってみました(*^o^*)

味噌巻き1

これを、ゴマ油で揚げます。

味噌巻き2

見た目はちょっとイマイチですが・・・^^;
それっぽいモノは完成しました

市販のものより甘さがかなり控えめですが、ご飯のススム夏にぴったりの保存食になりました
こういった郷土料理や伝統食って、季節の野菜を上手に使ったり、季節の体調を労わったモノが多いですよね。
先人の知恵というのは、本当に素晴らしいものです


大葉の味噌巻き。
ダイレクトにお味噌を食べるようなものなので、沢山の量を子供達に食べさせたいものではありませんが、季節の食・家庭菜園で採れた野菜料理であることなど、色々な話題を子供達には提供しました。



********************************

食育サロン受付中です
皆様のご参加、心よりお待ちしております


●「食品添加物や放射能を考える」
7月13日(金)午前10時~11時半
料理講習は「手作り鶏ハム」です。
参加費 800円
持ち物 エプロン・お手拭タオル・持ち帰り用タッパーなど(暑いので保冷バッグの持参などもあると良いかと思います)
定員 8名(満席になりました。ありがとうございます(*^o^*))
場所 コミュニティーサロン・クローバー(駐車場がございません。お近くのコインパーキングをご利用下さい)



●「災害に強い毎日ご飯」
7月20日(金) 午前10時~11時半
料理講習は缶詰を利用したふりかけと、干し野菜のお味噌汁です。
参加費 500円
持ち物 必要な方はエプロンや筆記用具
定員 10名(残り3席)
場所 コミュニティーサロン・クローバー(駐車場がございません。お近くのコインパーキングをご利用下さい)

※↑こちらの内容は6月のサロンと同様講座です。6月に一度参加された方は同じ内容になりますので、この日はお休みして下さい


new
●夏休み特別企画「干し野菜でカレーを作ろう!」
8月10日(金)午前10時~11時半
小学生も参加できます。
参加費 800円+お米2合をご持参下さい
持ち物 お子様のスプーンとお皿
定員  8家族
場所 コミュニティーサロン・クローバー(駐車場がございません。お近くのコインパーキングをご利用下さい)




申し込み方法は・・・

aki-golf@docomo.ne.jpまで「お名前」「連絡先」「同伴するお子さんの人数」を明記の上、お申し込み下さい。定員になり次第締め切りとさせていただきます。
受けを完了した方には、後日こちらからご連絡いたします

秋田郷土料理 | Comments (4) | Trackbacks (-)
プロフィール

あきゴン

Author:あきゴン
3匹の♂子豚を育てている秋田産の母豚です♪

震災をキッカケに「食」の大切さを意識するようになりました。子供達にはどんなことが起こっても食べつないで、何としてでも生きていけるたくましい子供に育って欲しいと願う秋田産母豚の食記録ブログです。

◆みそソムリエ取得
◆発酵食スペシャリスト取得
◆食育インストラクター取得
◆国際薬膳食育師取得


ご紹介ありがとうございました!
・秋田朝日放送(スーパーJチャンネル秋田)
・秋田テレビ(ザ・キーマン)
・秋田朝日放送(トレタテ)
・秋田魁新報
・マリマリ
・クルール秋田版
・ABSラジオ(朝採りワイドあきた便)
その他







一杯の味噌汁プロジェクト」は、秋田県食育活動の長期的プログラムを目指しています。
味噌汁ロゴ






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

にほんブログ村 子育てブログへ

最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。